hiroya-endoのブログ

意見や考えを書きます。

統合デザイン学科成果展"INTEGRATING"を振り返る-最終会

最終回です

 

11:展示開始

ぎりぎりで開場に間に合わせた展示ですが、始まってみるとさっそくお客さんが来てくれました。会場内の様子を少しだけ載せますね。

f:id:hiroya-endo:20170414213238j:plainf:id:hiroya-endo:20170414213250j:plainf:id:hiroya-endo:20170414213352j:plainf:id:hiroya-endo:20170414213322j:plainf:id:hiroya-endo:20170414213451j:plainf:id:hiroya-endo:20170414213417j:plainf:id:hiroya-endo:20170414220324j:plain

 

 

ちなみに自分も何点か出展していたのですが、一番メインの作品はこちらです。

f:id:hiroya-endo:20170414213523j:plain

 

鏡に映るグラスの水の色だけが違うという作品です。色々な人が不思議がってくれたようで、Twitterで少し話題になり色々な推測が飛び交っていました。

タネ明かしをしようかは迷ったのですが、とりあえずネット上ではしないことにしました。また展示する機会があれば直接見に来て考えてもらえると嬉しいです。どうしても分からなくて、その場に僕がいた場合は解説します。

(実物を見ると案外タネが分かったりします)

 

他にも「音と映像の同期」をテーマに製作したこんな作品や

CUBES

 

横にスクロールしていくこんな映像を展示したりしてました


れんさ

 

出展していた作品に関しては色々嬉しい感想をいただくことができました。もちろん改善点やもっといい展示方法の提案など、とても参考になる意見を下さった方々もたくさんおり、今後の製作活動に活かしていきたいと思っています。

 

12:トークショー& TOGO CAFE

一階ではトークショーとTOGO CAFEという統合デザイン学科の有志が行っているカフェが開かれました。

f:id:hiroya-endo:20170414215426j:plain

f:id:hiroya-endo:20170414215353j:plain

カフェはとても美味しかったです、有志の方々ありがとうございました。

実はトークショーに2回出ることになり、進行役のようなことをしました。初日の"深津貴之 × 奥田透也"の回と、二日目の"永井一史 × 小杉幸一 × 菅俊一"の回に参加し、統合デザインの授業構成や、先生方が課題を考えるときのポイント、他の学科との違いは何か、といったような内容について先生からの視点と学生からの視点を織り交ぜつつ話をしました。(詳しいトークの内容については今回は割愛)

トークショーで印象に残ったのは、お客さんからの質問を聞いたときに、意外と学生である僕らに質問をしてくださる方が多かったことです。差し迫る就職についてどう考えているか、将来どんな仕事をしたいかなど、将来に関する質問が比較的多かったように思います。トークショーに出てた僕を含めた3人の学生がそれぞれ考えている将来について回答していましたが、みんな考えが違って面白かったです。将来の像についても幅が広いのはこの学科の大きな特徴の一つだと思いました。

 

13:展示終了

こうして「統合デザイン学科第1期生成果展"INTEGRATING"」は様々な方々の協力を経て、なんとか無事に会期を終えることができました。

ブレーカーが落ちたり、作品が壁から落ちたり、搬入したPCが足りなかったり、プロジェクターを無断で持ち出す人がいたり(一生恨みます)、数え切れないほどのトラブルが発生して大変でしたが、臨機応変に対応する力がついたと思えば良い経験でした。

お忙しい中会場まで足を運んでいただいた方々はもちろん、会場を提供していただいたBankArtの方々、協力していただいた先生方、成果展実行委員の人々、TOGO CAFEの方々、展示を様々な面で手伝ってくれた後輩のみなさんなど、とても感謝をしています。

 

数え切れないほどの反省点があるので、卒業制作展では同じ過ちを繰り返さず、もっとクオリティの高い展示にできるよう精進します。

長くなりましたが、これで成果展の振り返り記事を終わりたいと思います。

読んでいただいた方、ありがとうございました。